宇和島定期闘牛大会お盆場所中止のお知らせ

令和3年8月14日に開催を予定しておりました、宇和島定期闘牛大会「お盆場所」は、新型コロナウィルス感染症の全国的な急拡大、および愛媛県内の警戒レベルの引き上げを踏まえ、中止することとなりましたのでお知らせいたします。

 

市外からも多く闘牛ファンが訪れる宇和島定期闘牛大会ですが、移動の自粛が強く求められている現状を鑑み、皆様の安全を

最優先に考慮しての判断となりましたこと、ご理解を賜りますようお願い致します。

 

なお、予定しておりましたオンライン闘牛体験ツアーに関しましても中止とさせて頂きます。

 

・WEBでの取消処理は必要ございません。

・闘牛場、道の駅きさいや広場でチケットを購入されたお客様は、お買い求め頂いた場所にて払い戻しを致しますので

 ご購入いただいたチケットをお持ちください。(チケットが無い場合は払戻処理ができませんので、必ずご持参ください。)

年に4回の
晴れ舞台

うわじま闘牛定期大会は、年にたった4回の晴れ舞台です。

制限時間なしで牛同士が戦い、逃げた方が敗けというシンプルなルールです。

その歴史は深く、17世紀の後半頃、宇和海を漂流していたオランダ船を福浦の漁民が救助し、礼として贈られた2頭の牛がたまたま格闘したことから始まった、と伝えられます。うわじま闘牛では技は10種に分類されます。

ルールはシンプルでも、牛たちはそれぞれに得意技を持ち、多様に技を繰り出します。

定期闘牛大会

  • 定期闘牛大会お盆場所の開催は中止となりました。
  • 今年度より、定期闘牛大会は年4回の開催になりました。(宇和島観光闘牛協会総会において決定)
    和霊大祭場所とお盆場所の開催の日程が近く、現在の頭数では取り組みをしていくことが難しいことから、当面の間は年4回の開催とさせていただきます。今後は、闘牛文化の振興や迫力ある大会を開催・継続していくためにも、新しく牛の導入や後継者の育成等にも精進してまいります。今後とも、変わらぬご支援を宜しくお願い申し上げます。
正月場所
七月場所

舞台裏の闘牛

大きくて迫力のある闘牛は一見怖そうに見えますが、普段は悠々自適に、丁寧に手をかけられて過ごしています。大会前になると闘牛トレーナーとともにトレーニングに励み、試合に備えます。


アクセス

闘牛大会の会場となる、宇和島市営闘牛場へのアクセスです。

松山方面から>> 

高知方面から>> 

※定期大会当日は、臨時無料駐車場(500台)をご用意しております。

 


無料送迎バス

定期闘牛大会が開催される日は、往復無料バスを臨時運行しています。

 

闘牛場行き無料送迎バス運行時間

バスセンター

10:00⇒ 

本社前※

10:05⇒

闘牛場着

10:15

バスセンター 10:30⇒ 本社前※ 10:35⇒ 闘牛場着 10:45
バスセンター 11:00⇒ 本社前※ 11:05⇒ 闘牛場着 11:15
バスセンター 11:30⇒ 本社前※ 11:35⇒ 闘牛場着 11:45
バスセンター 12:00⇒ 本社前※ 12:05⇒ 闘牛場着 12:15

※”本社前”とはJR宇和島駅前の宇和島自動車本社前です。

宇和島駅行きは、13:40からピストン運行です。(4回程度)

乗降場所

  • 宇和島自動車バスセンター
  • JR宇和島駅前の宇和島自動車本社前